お釈迦さまの教えをよりどころとして、生きとし生けるもの、在りとし在るものが、互いにすべてのお陰をうけて生きていることを

自覚し、愛と希望と協同の日々を目指しています。

当園は、昭和28年、都幾川村の皎圓寺に季節託児所として産声をあげ

同31年には常設の“はなぞの保育園”が設立されました。同61年には、

隣接地に“ときがわ幼稚園”が設立され、以来、幼保一体の保育活動を

すすめています。
くわえて、平成17年には、ときがわ幼稚園内に“はな

ぞの第二保育園”が開園しました。

誰もがこの世に生を授かった瞬間から、のぞむとのぞまぬとにかかわらず、人生を
背負って生きていくことになります。人生という土俵に立っているという点では、大人
も子どももありません。皆同じです。
どの子も愛されて育ってほしい、どの子も人をいっぱい好きになって育ってほしい。
これが私たちの願いです。
子どもたちは、愛し愛され、人と深い絆(きずな)を結ぶなかから、人間っていいな。
人生っていいな。そんな思いを心の奥深く積み重ねていきます。
愛と信頼のもと、子どもたち一人ひとりが、自分と向き合い、仲間と向き合い、一人
ひとりの頑張りを、みんなで認め合い、みんなで励ましあっていく、そんな仲間づくり
を目指しています。

はなぞの保育園は皎圓寺から始まった

○いのちをたいせつにしよう  ○よき社会の人となろう  ○正しきを見て絶えず進もう