“私の中の子どもも親も癒される”

 子育てをしていると親の影響があらわれる。無意識のうちに親にしてもらったことを子どもにしようとしている。私の父は立派な人だったが、ちょっと怒りっぽいところがあった。私はそれを受け継いだ。我が子を叱った後で、冷静になって考えると、なにも怒ることはなかったと悔やまれる。そこで、自分は父の怒りっぽいところを受け継いでいると自覚して、次は気を付けて対応してみる。うまくいくと、子どもも嬉しそうだし、私だって心地よい。そして、不思議なことに、私の中の“こども”も癒され、おこがましいが、私を叱った父も癒され、喜んでいる。そんな気持ちになる。

 子育ては、我が子を育てることを通して、子どもだった自分も、自分を育てた親も癒されることがある。

 皆さん、どうか子育ての良い時間をお過ごし下さい。皆さんの子育て、応援しています。

                             柳瀬 寛洲

リンク先にも 写真あります

最近の写真


◆ 2017年      11月  9日   子どもたちの”今” 「サツマイモ掘り」
◆ 2017年      11月 24日   ポラン通信 平成29年12月号
◆ 2017年      12月 11日   子どもたちの”今” 「中学生実習」「子どもまつり」「消防立会避難訓練」「コーラスLaLaLa」「ひもかわ作り」

社会福祉法人
はなぞの保育園
埼玉県比企郡ときがわ町大字桃木452
℡ 0493-65-2609
はなぞの保育園併設
子育て支援センター“ときがわ”
埼玉県比企郡ときがわ町大字桃木452
℡ 0493-65-2655
校法人光之村教育学園
ときがわ幼稚園
はなぞの第二保育園
埼玉県比企郡ときがわ町大字桃木457
℡ 0493-65-1359

トップ